〒247-0056 神奈川県鎌倉市大船1-9-1
大船駅東口目の前

【無料相談受付中】

営業時間
9:30~18:00
定休日
毎週火曜日、第1,第3日曜日、祝日

お見積り依頼やご相談はお気軽に

0467-46-3387
0467-46-3323

鎌倉大船不動産情報館 コラムページ

親の土地に家を建てる時は税金がかかるの?

鎌倉大船不動産情報館 コラム)
鎌倉市大船の不動産屋、株式会社栄商事の矢地です。

家を建てるとき、自分の親または配偶者の親が所有している土地を使うことができれば、新たに土地を買うより負担は少なくて済みます。自分の子供たちが不動産を有効に活用するので、土地を所有する親にとっても安心です。

親の土地に家を建てるときには、相続税や贈与税など税金に関する注意点がいくつかあります。親の土地を無償で使うか、地代を支払うか、相場より安く譲り受けるかによって注意すべきポイントは異なります。

1.親の土地を無償で使う場合

親の土地に家を建てるときは、多くの場合は地代を支払わず土地を無償で使います。無償で土地を使うことを「使用貸借」といいます。使用貸借では、借地権が贈与されたことになって贈与税が課税されるのではないかという点が心配されますが、個人間の使用貸借では借地権に価値はなく、贈与税の課税対象とはならないそうです。ただし親が亡くなって、子が土地を相続するときは相続税が課税されます。
 

2.親に地代を支払う場合

まれなケースですが、親に対して相場と同等の地代を支払うことがあります。権利金を支払う慣行がある地域では、別に権利金にあたる部分が贈与されたとみなされて、贈与税の課税対象になります。贈与税が課税されないようにするには、権利金にあたる部分を上乗せして地代を支払う必要があります。親が亡くなったときの土地の相続税評価額は、支払っていた地代の額によって変動します。
また親に権利金のような金額を支払うケースも稀にあります。

このように親の土地に家を建てる際に、「親に地代や権利金のようなものを支払うケース」では注意が必要です。親の土地を無償で借りて子が家を建てる場合には税務上の問題はあまり生じませんのが、地代を支払う方がリスクがあるそうです。

また地代の額によって贈与税や相続税に影響があり、この点については専門的な税金の知識が必要とされる分野ですので税理士に相談するようにしましょう。
 

3.無償または相場より安く土地を譲り受ける場合

親の土地に家を建てる場合、親が亡くなったときにその土地の相続をめぐって争いになることも考えられます。こういったトラブルを避けるために、親から子に土地を譲ることもあります。土地を子に譲ってしまえば相続で争う心配はなくなりますが、税金の面では注意すべき点があります。

親から土地を無償で譲り受ける場合は、子に贈与税が課税されます。また、相場より安い価格で譲り受ける場合は、相場との差額が贈与とみなされて贈与税が課税されます。

贈与税は「土地の相続税評価額-基礎控除額110万円」の部分に対して課税されますがくわしくは税務署にご確認ください。

※相続税評価額は、市街地では「路線価×面積」で求められる金額、市街地以外では固定資産税評価額と同額です。実際の取引価額に比べると7割から8割程度の価額とされています。

 

<相続時精算課税で2,500万円まで非課税に>

贈与税が課税される場合、一定の条件を満たせば相続時精算課税を適用することができます。相続時精算課税を適用すれば贈与された財産のうち2,500万円までが非課税になり、2,500万円を超える部分に一律20%の税率で贈与税が課税されます。親が亡くなったときに相続税の課税対象として計算しなおすことで、贈与税が還付される場合があります。

親の土地に家を建てる時の条件によって税が課税されるかは税務署に確認された方が間違いないでしょう。

 

何かご不明な点等がございましたら、鎌倉市大船の不動産屋、
株式会社栄商事へお気軽にご相談下さい。

株式会社栄商事 矢地(鎌倉大船不動産情報館 コラム

「次世代住宅ポイント制度」について

(鎌倉大船不動産情報館 コラム)
鎌倉市大船の不動産屋、株式会社栄商事の矢地です。

本年10月に消費税が10%になる予定です。金額の大きな不動産購入にあったっては、その影響を心配されている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に知っておいていただきたいのが「次世代住宅ポイント制度」です。
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000170.html

「次世代住宅ポイント制度」とは、消費税増税による住宅取引の縮小を抑え、同時に良質な住宅の普及を促進しようというものです。

対象となる新築住宅の購入やリフォーム、注文住宅の取得をした場合に「次世代住宅ポイント」が発行されることになります。

ここで注意したいのが、「次世代住宅ポイント」が発行される住宅には条件がある、ということです。

例えば、「断熱性や耐震性などに一定以上の性能を持つ家」や「家事負担を軽減する設備(食洗機や浴室乾燥機、掃除しやすいトイレなど)がある家」を購入すると、このポイントが発行されます。

一方で、中古住宅を購入しただけではポイントは発行されません。

中古住宅を一般の個人の方から購入した場合には、そもそも消費税がかかりませんので、ポイント発行による補助をする必要がないからです。

ただ、中古住宅を購入してリフォームをした場合には、リフォーム分に関してはポイント発行の対象とすることができます。

発行されたポイントについては、防災、健康、子育てなどに関連する商品と交換できるようになるようですが、具体的な商品についてはこれから公募で決定されるようです。

また、この「次世代住宅ポイント」の発行に関しては、住宅取得者本人からの申請が必要になります。

 

何かご不明な点等がございましたら、鎌倉市大船の不動産屋、
株式会社栄商事へお気軽にご相談下さい。

株式会社栄商事 矢地(鎌倉大船不動産情報館 コラム

固定資産税とはどんな税金?軽減措置があります

(鎌倉大船不動産情報館 コラム)
鎌倉市大船の不動産屋、株式会社栄商事の矢地です。

 

固定資産税とはどんな税金?軽減措置があるのを知っていますか?
 

1.固定資産税とは
 

資産(土地や家など)に対して発生する税金で、各市区町村が徴収しています。固定資産税を地方税として支払わなければならないのは、住宅が建ち、街が形成されると道路や上下水道、学校などの設備や、ゴミの収集などのサービスが必要になるからです。

 

インフラ整備や行政サービスを行うための財源確保のために固定資産税の徴収が行われます。納税義務があるのは各資産の所有者で毎年1月1日現在の所有者に対して課税されます。
 

そのため、その年の1月2日以降に土地およびマイホームを購入した場合は、翌年以降に課税が開始されます。納付額が決定すると納税義務者へ通知が送られます。

 

家を購入後の翌年に納税通知書が届きますので、資金繰りを考慮して納付期限や金額を事前に見積もって年間の家計費用として考えておかなければなりません。

 

土地の評価価格は4種類ありますが、固定資産税は4番目の固定資産税評価額で計算されます。

 

1. 公示価格(国土交通省)

2. 基準値標準価格(都道府県)

3. 相続税路線価格(国税局)

4. 固定資産税評価額(市長村)

※()内は決定機関です。

 

固定資産税=固定資産評価額×税率で計算されます。

 

2.固定資産税には軽減措置があります
 

所有する住宅や土地が一定の条件を満たしていれば、税負担額を減らすことができます。控除を受けるためには、軽減される条件が適用されるかを確認し、申告手続きをしなければなりません。


 

固定資産税の減税ができる条件
 

■住宅用地(小規模住宅用地・一般住宅用地)

住宅用土地のうち、次の要件を満たしているものは固定資産税が減税されます。

 

小規模住宅用地(200㎡以下の部分):課税標準の1/6

一般住宅用地(200㎡を超え、住宅の床面積の10倍までの部分):課税標準の1/3

マンション・アパート・戸建てが建つ土地はこの減税が適用されます。

 

但し固定資産税の課税が確定する1月1日時点において建物が建っていなければなりません。つまり住宅が建設予定、あるいは建設中で、1月1日時点で未完成であれば、住宅用地として固定資産税減税の適用はされません。

 

■新築の家

新築の建物で、床面積が50㎡以上240㎡以下であれば、建物部分の固定資産税が3年間、あるいは5年間に限り2分の1になります。建物構造による異なる場合がありますので下記の資料をご参考にしてください。

http://www.mlit.go.jp/common/001231003.pdf

 

■空き家

人が住んでいない空き家であっても、住宅用の土地であれば減額措置があります。先にご説明したのと同様に、200㎡以下の部分については6分の1、また200㎡を超えた場合は床面積10倍までは固定資産税が3分の1になります。

 

■.認定長期優良住宅

認定長期優良住宅に認定されると、120㎡を超えない範囲で固定資産税が2分の1になります。

減額を受けられる建物の要件は次の通りです。

 

床面積が50㎡以上、240㎡以下(但し貸家は40㎡以上、240㎡以下)
 

もし店舗兼併用住宅などであれば、住宅部分の床面積が2分の1以上でなければこの減額措置は受けられません。

 

その他、減税処置できる方法があるかも知れません。

また減税対象になるか詳しくお知りにないたい方はお近くの税務署にお問合せ下さい。

 

国土交通省HPの下記を参考にして下さい

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr2_000011.html

 

何かご不明な点等がございましたら、鎌倉市大船の不動産屋、
株式会社栄商事へお気軽にご相談下さい。

株式会社栄商事 矢地(鎌倉大船不動産情報館 コラム

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

工事中
工事中
工事中

お問合せ・ご相談はこちら

お客様お問い合わせイメージ
0467-46-3387
0467-46-3323
営業時間
9:30~18:00
定休日
毎週火曜日、第1,第3日曜日、祝日